FC2ブログ
ヒーリングスペースかくれんぼ まゆんです。 心と体。 この不思議な存在のとりこです♪ セラピーを通じて、日々感じたことを語っていきます。
page top
不思議なお話6

ほんと、ごめんなさい、もう少しお付き合いを~( ̄人 ̄)



さぁ、とうとう慰霊碑に行く日がやってきました。
ホテルにお迎えがきて、慰霊碑のある会社へ。

そこには、以前写真で見せてもらったままの慰霊碑がありました。
そばに植えられている木も、花も美しく
大事にしていただいているのがとても伝わってきました。

会議室に入って、事故(事故で亡くなったのです)のとき
一緒に車に乗っておられた方二名とお話をして
いとこの話を聞きました。

私の前なので、いい事しかおっしゃいませんし
そこにいたのはたった数ヶ月。
思い出も少ないだろうのに、沢山お話してくださいました。

会社の人も、現地で働いている人たちも笑顔の素敵な方ばかり。
周りには何もないけれど、彼はここでとても
幸せな時を過ごせたのだと実感できました。

さぁ、慰霊碑に参ろうとなり、皆で向かったのですが
いざ、参ろうと思うと涙と嗚咽が止まらなくなり
「ごめんなさい、二人にしてもらえますか?」とお願いしました。

慰霊碑の前にひざまつき、ひとしきり泣いた後

「やっと来れたよ、ごめんね。」の言葉をかけて
般若心経を読みました。

目を瞑るとまぶた越しに光がまぶしい。
祈っていると、友達が後ろにいてくれるのがわかりました。
あんなに喧嘩して、傷つけたのにそうやって
私の事が心配で残ってくれたのでしょう。
その優しい空気が伝わってきます。

何か聞いたり見たりしたかったけれど
いとこの声も聞こえない、姿も見れない。
でも、私の周りが、とても優しい空気に包まれてきて
きっと彼が私の祈りを聞いてくれてるんだと思いました。

優しい、穏やかな空気。
後ろでは同じ優しさで私を見守ってくれている友達。

至福の時間でした。
愛され、満たされた気分でした。

いつでも冥福を祈っていることを告げ私は立ち上がりました。

「ごめん!お待たせ、残ってくれたんや、ありがとう!」
と友達に・・・

あれ?


あれれ??


そう。
振り向くとそこに誰もいなかったのです。


あの気配。
そこに友達がいるんだと確信するほどの気配。
あの後ろにあった、優しさ、愛、慈しむような空気は・・・



いとこだったんですね(笑



また気付けなかった、ごめんね(笑


でも、10年前は感じられなかった「思い」は確かに感じたよ。
ありがとう。
昔と変わらない、愛情を、温かさを私に向けてくれて。

私はまた沢山泣きました。
もう悲しいだけの涙ではありません。

愛、感謝の涙です。

私はちゃんと愛されていた。
思ってくれる人がいた。
又、それを感じることができたのですから。

・・・・・・・・・・・・

今私はまた、泣いています。
何故泣くのかわかりません(笑
このこみ上げてくる思いが、いったいなんなのか
さっぱりわからないのです(笑

でも、「幸せ」なんでしょうね。
彼の事を思うと、幸せで涙がでるのです。

彼だけでない、自分の周りの人に対する感謝の気持ちと
愛情が私を満たして、私は幸せの涙を流すのです。
彼はやっぱり天使でした。
愛を教えてくれたんですもの。

親しい人の死は特に悲しいものです。
でも、もう会えないからこそ、その人が自分にくれた幸せな思いや
教えを胸に抱いてしっかり生きていかなければと思います。

そして、それを自分も誰かに分けることによって
その人はこの世に生き続けるのではないでしょうか。

「私と縁をつむいでくれてありがとう」

彼にはそう思っています。


ところでっ!

写真には、彼が写ってましたよ♪
私には彼の姿は見えませんでしたけど
あーこれ、あの子やなってわかりました♪

スピリチュアル友達に見せたら
「あ、うつってるやん♪来てくれてありがとうって言ってはるわ」
というので「あ、やっぱそうやんな。姿は私はわからんけど」
というと「ええ?!見えるやろ!ほらこうしたら・・・」
と写真を断面から見るように指示されました。





え?角度??(°口°;) !!




おっしまい♪
ながながとお付き合いいただき、ありがとうございました。


かくれんぼのメニューをアップしました♪→メニューはこちらラブラブ

スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ボディ&ボディーフィールドセラピスト まゆんブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG